新しい場所に行ったり、新しいことをしたりするというのは、

これから何が起こるか、わからない部分が多いだけに、

ともすれば、不安ばかりが先行してしまうかもしれません。

 

それだけに、準備に余念がなく、気を張り詰めるために、

意外と、物事が滞りなく進むことが多いようにも思います。

 

多くの場合、安心・安全を求めるのが常ですから、

早いところ、そういうものを手に入れたいとなるわけです。

 

ただ、これが興味深いことでもあって、

十分に安心で安全な状態になるということは、

気は緩み、どこかしら隙も生じてくるものです。

 

居心地の良さとは裏腹のもので、引き換えになるもの、

油断や慢心を招いてしまい、物事が停滞することもあります。

 

不安な状態にせよ、安心できるそれにしても、

結局のところは、慣れが怖いということになりそうです。

 

武道でいうところの、「居着く」とはまさにそうで、

たとえば、足の裏が地面にペタッとついて、

瞬時に動こうとしても、少しの時間差が生じ、

そのわずかな差で、生き死にが決定してしまうわけです。

 

この場合においては、常に足裏の一部しか地面に接していないとか、

常に何かしら動きを持っていて、どうにでも動ける状態であるとか、

決して落ち着かない様子が、良いものとして考えられます。

 

身体の全体ということで言えば、重心を下げ切らない、

ある程度、浮いている部分を、用意しておくとも言えそうです。

 

このように、程度の差はあっても、

落ち着きがないのは、ひっくり返せば、

新しいものに興味を持つとか、

次に進むのに身軽であるということかもしれません。

 

野球の、ボールを打つのもそういうところがあって、

打つために、バットを思いきり振るとしても、

上手にヒットにつなげる人のバットは、

ボールが当たるまで、上下に細かく揺れているそうです。

 

良い意味でのためらいがあって、それだけに細かい調整ができる、

そういうミクロなところでの戦いがあるということで、

目には見えているけれど、捉えがたいことが起こっています。

 

普段では、同じようなことを、同じように行っていると、

その力の入れ具合が減じてもくるだろうし、

あるいは、失速するかのようになくなることもあって、

できることなら、早い段階で回避しておきたいところです。

 

そのために、心も身体も、いつも動いている状態をつくって、

いつも何かしらの知的な欲求とか、好奇心とかを刺激して、

前のめりに追い求める姿勢を、自然と取れるのが良いですね。

 

これはまた、生存上においても効果を発揮しそうなので、

そのための勘を養いつつ、発揮していきたいところです☆

 

 

*シェアはこちらから*