企業や団体、チーム名、キャッチフレーズ、その他の多く、

正式名称は、多少長かろうとも、

アルファベット3文字で表される略称で、

呼ばれることがあります。

 

少し前によく聞かれた"DIY"は、

"Do It Yourself"と、「自分でやる」、

「自分のことは自分でやる」という意味になります。

 

パンクバンドでは、機材の搬入、セッティング、

ブッキング(出演交渉)、移動、グッズの手売りなど、

活動のほぼすべてを、自分たちでやるので、

それを"DIY精神"なんて呼ぶこともあり、

一方では、世のお父さんが、休日にはホームセンターに行って、

本棚や犬小屋を作ったり、野良仕事に精を出したりするというのが、

そのように呼ばれていました。

 

自分自身、一筋縄ではいかない性分もあって、

時に"FUA"、表記的には"FYA"が元来の、

ある種の「怒り」の部分が頭をもたげてきます。

 

それは、手前で何とか処理するものですから、

特別、ここで取り上げるような類でもありません。

 

それにしても、アルファベット3文字の略称が多いのは、

この、まさに3文字であることが、バランスが良いとか

親しみやすい理由が、何かしらありそうですが、

今をもって、究明できないところではあります。

 

逆に、"FARUBFUFQIVFNUUECFQUBRUIOVIUWE…(適当)"では、

そもそもが覚えづらいし、これの正式名称を知ろうとすれば、

それはまさしく、あの「寿限無寿限無〜」のごとし、

戦慄を覚えるくらいに、べらぼうに長いものになりそうです。

 

果たして、どういうものが秀逸かなと周りを見回してみれば、

音楽の"BPM"なんかは、"Beats Per Minute"で、

一秒あたりのビートの刻みを表す単位・指標ともなっています。

 

余談ですが、国の機関や団体なんかでの、

漢字がやたら長くなるのも覚えづらく、

8文字以上並ぶと、読み解くだけでも一苦労になります。

 

アルファベットにしても、漢字にしても、正式名称のわかりやすさが、

略称にしたところでも引き継がれそうですから、

最初にどう名付けるのか、ここのセンスがモノを言いそうです。

 

あとは、特定の分野で多用されるような場合、

パソコンのシステムとか、化学・科学の分野とかでしょうか、

これ見よがしに用いるのは、通ぶってしまいそうで、

どうも馴染めないなと思う一面はあります。

 

とかくいろいろあって、どうしようもない気分になったとしても、

その時に思い出したい"PMA=Positive Mental Attitude"、

両手を高々と上げてみれば、気分は爽快となることでしょう。

 

それだけは忘れないようにしておきたいものです☆

 

 

*シェアはこちらから*