人は、「見た目が9割」とか、第一印象が大切だとか、

まずもって外見が与える印象が大きいことが言われます。

 

顔や、表情においては、目鼻立ちの良さ、

背丈や体格においても、同様に取り沙汰されがちですが、

それよりかは、全体の雰囲気という方が、

よほど大切なことのように思います。

 

結局、清潔感があるかどうか、髪は乱れていない?

身だしなみにどれだけ意識が向いているかという、

基本的なことが、よほど大きく作用しそうです。

 

これは、服装や身につけるもの、所持品など、

どのような印象を与えたいかの"逆算"によって、

与える印象を、コントロールできるということでもあります。

 

1990年代くらいの、プロ野球選手では、

キハチネックレス、セカンドバッグ、外車のキーみたいな、

それがわかりやすい、服装・格好であったわけです。

 

または、ちょんまげ、着物、刀となれば、「侍」となるわけで、

それほど難しく考えなくても、できるのかなと思います。

 

実際にプロ野球選手であるとか、侍であるとかも大切ですが、

自分がどうなっていきたいのかの投影でも良く、

それはある意味、記号的に先取りするということになります。

 

見る人も、相手がどのような人かを推し測る時に、

このような記号的な認識をして、判断するわけです。

 

同じ人であっても、仕事ではスーツを着たり、

家では、リラックスした格好になったりもします。

 

場面ごとに合わせた、適した服装や格好もありますし、

どの時点で、目に入るかというタイミングの問題もあって、

外にいる時は一層、見られていることを意識するのが良さそうです。

 

それが、自分で似合うかどうかはわからないもので、

どうしても好みで選ぶことが多いのかもしれません。

 

相当に、自分の内面や外見の両方を熟知していて、

極めて適切に選び出せるのであれば、何の問題ありませんが、

そうでなければ、どこかしらが惜しいというのが、

多くの人が陥っている状況かもしれません。

 

非常に、オシャレが進みすぎて、行きすぎて、

余人をもってして理解しがたいという、

奇抜さもどう処理していけば良いのかもあります。

 

それは、どうやって着るのですか、

洗濯はできるものなんですかと問いたくなります。

 

そうなると、基本に立ち戻って、

清潔感のある身だしなみを心がける、

面白みはなく、無難なのかもしれませんが、

良い印象をもってもらうには、

最適なのかもしれません☆

 

 

*シェアはこちらから*