いわゆる、歌謡曲におけるサビの繰り返し、

ロック音楽の、ギターのリフレインなど、

繰り返すことによる、その効果と強調を鑑みながら、

いろいろと考えていきたいと思います。

 

時に、その楽曲における印象的なところは、

主題(メインテーマ)も呼ばれることもあり、

これを基軸として、構成が展開することがあるので、

言い換えれば、それだけ何度も重ねることで、

伝えたい思いなり、メッセージなりが込められています。

 

または、他の人の声や楽器を重ねることによって、

そこに厚みや広がりを持たせることもあって、

それは、コーラスやユニゾンということになって、

ひとつの手法として好まれるものです。

 

これは音楽に限ったことではなくて、

ダンスも同様に、ひとりで踊るのも良いですが、

複数人で行って、同じように踊る時、

その重なりと迫力とに、息を呑むことがあります。

 

普通に会話していても、自分が強く意識していることや、

どうしても伝えたいようなことがある場合、

多少の言い回しや言葉遣いが異なろうとも、

何度も口をついて出てくるようなことがあります。

 

意識的に、繰り返したり、何度も言ったりするのは、

単に回数とか、言う人の数ではないところで、

どうして威力を発揮するのだろうかと、少し疑問に思います。

 

かなり飛躍した話になるかもしれませんが、

ヒトとして、異なる個体のそれぞれが発することによる、

複層的・重層的な力が、そこには宿るのかもしれません。

 

同じ人と言えども、流れる時間の軸の上においては、

数秒前と今、今と数秒後は、当然のごとく異なるわけで、

そういうのって、ひたすら看過できない気もします。

 

また、音楽的な話をしてみたいのですが、

非常にノリの良い、「グルーヴ」というのは、

決して楽譜の上で、理論だけでは名状・説明しきれない、

人の力による、魅力的なもののひとつなのかと思います。

 

それも、テンポやリズムを「せーの」で正確に合わせても、

個々人の呼吸や鼓動が、どうしても異なるわけで、

その絶妙な寸分のズレが、引き起こすことなのかもしれません。

 

この、タテとヨコの織り成す様子が、見て取れるのは楽しく、

または、それを普段の、身の回りのあれこれに当てはめてみると、

結構な範囲で、応用が効くような気がします。

 

自分に言い聞かせる意味でも、誰かに過不足なく伝える意味でも、

大切なことは2回言うことを、地道にやっていきたく、

まずは、思い立ったら即刻やることも、まさに重要で、

大切なことは2回言うことを、地道にやっていきたいと思います☆

 

 

*シェアはこちらから*