空前絶後の困難や問題に直面した時、

そうでなくても、途方もない目標や、

できるのかどうかわからない試練を目前にして、

果たして、人はどのような反応をするのか、

その人の度量や力量が試されるように思います。

 

その、どのように対処するかという前に、

気持ちの面で、どう受け取るのか、

その時点での個人差も大きいような気がします。

 

やる気に満ち満ちて、今にも動き出しそうな人、

どうだろうか、でもやってみようと思う人、

どうしよう、少し考える時間が欲しいと思う人、

やる前から諦めて、やろうとしない人など、

思考や感情、そして、行動への結びつけ方は、

文字通り千差万別ということになりそうです。

 

これの、どれが正しいのかという議論ではなく、

もしも、前述のものが解決されるべきものであるならば、

過程がどうとかのはるか以前に、解決に向かう姿勢がある、

それがあってこそ、次の段階に進むことができます。

 

これは、いかなる種類の、いかなる課題であっても、

最初から回避してしまうような姿勢でいるのでは、

生活においても、人生においても、何の向上を望まない、

そのように分類されても、異を唱えられないはずです。

 

さて、前向きの、その角度のつけ方には個人差があって、

いかに困難、問題、試練などを乗り越えていくのか、

性格や資質によって、取るアプローチが異なりますが、

それがそれぞれの過程(ドラマ)を成していくように思います。

 

自分の場合ではどうなんだろうかと考えてみると、

立ち上がりは少し遅いけれど、徐々に興に乗って、

次第に、コツをつかんでいくという過程を経そうです。

 

遠回りしながらも、向かうところを見失わないのは良いところで、

あとは、いかに早い段階から最良の状態に持っていけるのか、

そこに力を注いだ方が良いというのが見えてきます。

 

あとは、周囲の様子をうかがってしまうクセもありますから、

良い意味で、周囲を顧みない一心不乱さが必要で、

また、どんなことがあってもそれをはね返すくらいの気迫、

そういうものをわかりやすく醸し出すのが良さそうです。

 

やらないままで、何も変わらないのは忌避したい、

ならば、やるしかないという、逆の、極端な場合を見て、

自らに奮起を促し続けていくのも忘れてはなりません。

 

誰に負けるわけでもなく、自分自身に負けない、

それでこそ、望む方向に進んでいくことができるし、

それが何より大切ということなのでしょう☆

 

 

*シェアはこちらから*