自分自身、割と形式や、物事の順序にこだわって、

カッチリとしているのを好む傾向があります。

 

そこまで頑固とか、融通が効かないというのでもありませんが、

順番通りになっているのは、確かに心地好いなと思います。

 

逆に言うと、行き当たりばったりとか、

急な変更に対しては、少し対応しづらいかもしれません。

 

それだけに、事前にしっかり準備して、

しっかりコトに当たるのが最善と言えそうです。

 

心療的なアプローチをするものとして、

自分の好みや思考の傾向など、中にあるものを出す、

「箱庭」として一定のカタチにすることがあります。

 

実際にこれをやったことはありませんが、

きっと、自分の心の中が手に取るように、

見えるカタチとして、出てくるんだろうなと思います。

 

人によって、いろいろな心のカタチがあるので、

比較したり、その優劣を競ったりするというよりかは、

客観的に自分のことを知るというのは、良いことだなと思います。

 

時に、絵画の作品で、キャンバスの上に収まらず、

額縁やかかっている壁にまで絵が伸びているものがありますが、

こういうのは、既成概念をキレイに壊される気持ちになります。

 

決まった寸法のキャンバスに、しっかり収まるのが、

何ら疑うことなく、当然のことだと思っているので、

こういうのは、まさしく雷を打たれたように、

得も言われぬ衝撃を、静かに受けることになります。

 

正解かそうでないか、感性の世界ではないものですが、

こういうのは有効なのかと、発想にひとつ加わるのは、

頭の枠組みが広がるようになるものです。

 

そもそも、「絵を描く」ことの原点をたどってみれば、

たとえば、洞窟の自然のままの壁に描くものならば、

その範囲や境界線は、あくまで恣意的なものであって、

境界線を引くというのは、後付けでしかないということでしょう。

 

もしくは、文化的・形式的に、キャンバスに描くようになって、

ただそれだけのことで、仕切られるようになっただけならば、

それを逸脱することも、良い型破りなのだなと思います。

 

意外と、自分では当たり前だと思っていても、

こういうことは往々にしてあるものですから、

人の意見に広く耳を傾けるように、柔軟に対応して、

変化をするところとしないところを見定めて、

人としての懐の深さを身につけていきたいものです。

 

また、キッチリしているのを好む自分を、

それでも、どこか愛おしくも感じながら、

縦横無尽に駆け抜けていきたいものです☆

 

 

*シェアはこちらから*