先んじて、今は何を思っているのか、

頭や心の中を見回すことはありますが、

ひたすらの余白を前に、さて何が出るのか、

自分自身を試すようにやるのも一興です。

 

それは、水面に一滴垂れれば、波紋が広がる、

その最初の一滴を待つことにも似ているわけで、

比喩的にとらえることは、ひとつの手がかりとなります。

 

こうして何か言葉を置いていけば、

発想が、ひとつふたつと出てくるもので、

それができれば、加速度的に進んでいくものです。

 

自転車の漕ぎ出しが、最も力を使うように、

何かをはじめることの労力は計りしれず、

しかし、逆説的には、さっさと自転車にまたがって、

最初のひと踏みをすれば良いということになります。

 

そういうことって、往々にしてあって、

IT技術とか、スポーツのトレーニング理論とか、

画期的なものが登場する背景に、少し似ています。

 

最初の一人、「言いだしっぺ」が他に影響を与え得るので、

その先頭に立つことを思う人は、きっと多いことでしょう。

 

特許なんかもそうですが、最初のひとりが、

その権利を得て、利益を得ることもできるわけで、

多くのひとが、我先にと推し進めるのも道理です。

 

そういうしのぎを削るような緊張感もありながら、

自分自身の、気力や体力との戦いも一方にはあって、

それでも、立ち向かう姿勢が好ましく思います。

 

一番でなければいけないというのは、

決して押し付けでも、何でもなくて、

自分が恩恵を余すところなく享受したいのなら、

自然と、一番を目指すのが良いことに気がつきます。

 

おそらくは、もっと起源という意味での「ゼロ」番、

これが有無を言わせず、最高なのかもしれません。

 

「ゼロ」って、他を寄せ付けない孤高の存在のように見えて、

そこに何をかけても、打ち返すように「ゼロ」でしかありませんが、

桁の位を並べるということでは、他を押し上げるような、

ある種の、優しさもあるような気がします。

 

この、何気なくしている「ゼロ」の話ではありますが、

ここに行き着くまでは、まさに野放図のごとく、

言葉を並び立ててきている、その裏側のところで、

自分自身が驚くような、密接なつながりがあります。

 

ここで、それを明らかにする、それもまた潔いものの、

急に、多くを語らないというのも乙なものです。

 

あるいは、こっそり耳打ちしてくれるのあれば、

その正誤をお伝えすることはできるので、

私の耳のあるところへ、そっと口を寄せてもらえれば幸いです☆

 

 

*シェアはこちらから*