論理的な思考の仕方が似ているだけでなく、

それをも含む感覚が似ている人と出会う時、

心と心が共鳴するような感覚になることがあります。

 

「魂の相似形」というのは大げさかもしれませんが、

見た目や出自、そういうものが関係なく、

一体となって融け合うような、意識レベルでの交歓という、

まことに、精神世界での出来事が起こるわけです。

 

心、精神、意識など、言い方はいろいろあっても、

目に見えたり、手に触れたりするものではなく、

それだけに本質的なものであり、大切なものだなと思います。

 

それは、思考、感情とも少し異なる位相を持つもの、

なかなか説明しづらいし、わかる人も少ないかもしれません。

 

自分自身、別段、哲学の道を突き進んでいるわけでもなく、

精神の癒しを生業にしているわけでもない、

一介の流浪人(るろうに)ではあるのですが、

自分なりの修身というのか、修行というのか、

何かしら営みとして積み続けているのはあります。

 

学術的な派閥やどの宗教に属するのかというと、

現実的な枠組み、制約を持ってしまうので、

あくまで、自分の興味・関心の赴くままになるので、

言葉、用語の使い方の妥当性は保証しかねます。

 

そういうもの自体、使う人や使う文脈によって、

多少の"揺らぎ"はあるので、致し方ないものと思って、

寛容に受け取ってもらえると、筆がスムーズに進みます。

 

果たして、自分の肉体性、精神性を越えて、

他の人や生きる世界とつながることができるのか、

それがまた、実際的な物事さえも包み込むようなこと、

ある種の「超克」ということに意識が傾いてしまえば、

ますます混迷を極めそうなので、手前に引き戻しておきます。

 

極めて簡潔に言ってしまえば、自分の心の中にあるもの、

自分の目指したいものが、「何か」あるのなら、

それを声に出す、人に伝えることによって、

自分に似た相手、共に成長を促せるような相手に巡り会える、

それ自体を思うのは、とても素晴らしいということです。

 

その思いは、途切れないように、絶えないようにして、

この今を、これからを過ごしていきたいと思います。

 

なかなか輪郭をとらえがたい領域の話ではありますが、

何か、考える、感じるきっかけのひとつとなれば幸いです☆

 

 

*シェアはこちらから*