刺青でも入れ墨でも、タトゥー(TATTOO)でも、

呼び方は何であっても構わないのですが、

巷で見る機会が少し多くなってきた気がします。

 

日本の、元々の文化として広まってきたのもあるでしょうし、

海外からの観光客が、日増しに増えてきているのも、

近年の傾向や背景としてあるのかもしれません。

 

それでも、国や文化によって、意味合いが異なりますし、

自分の肉体に負担をかけるという意味でも、

それにまた、青少年への影響なんかもあるし、

決して手放しで礼賛できないものであることは、

重々に承知しているので、まずはそれを断っておきます。

 

ただ、それでも刻み込んでいる人は、

どのような精神性、気概でいるのかなと、

その向こうにあるものに思いを馳せてみることは、

時に、大切なことなのかなと思います。

 

個人的には、音楽やファッションと地続きのものとして、

おそらく目にしていることは多い方だと思うし、

むしろ見慣れている方だとも思うので、

少し考察してみるのも良いのかなと思った次第です。

 

絵柄やデザインということでは、

和彫り、トライバル、濃淡を活かしたグレー、

あるいは、何かのキャラクターや文字など、

身体はキャンバスかというほどに自由で、

大きさもワンポイントから全身まで、

やり方は多種多様に用意されています。

 

それでも、何かしらを刻むということでは

日常生活では、覚悟と責任が伴うもので、

身近な、わかりやすいところでは、

公衆浴場や市民プールは行けないことになります。

 

これも、海外からの観光客の増大によって、

人々の意識や条例のような規制も、

少しずつ変わっていく可能性はあるにはあります。

 

「文化」の語源が"心を耕すこと"でもあるので、

この、身体に刻み込むことと遠からず近からず、

何か共通することがあるような気がします。

 

心許せる仲間たちと同じデザインのものを入れたり、

自分の、並々ならぬ決心や決意を忘れないようにしたり、

その人の心の有り様が、その皮膚の上に表されるという、

ある種の、心の投影なのかなとも思います。

 

自分自身は、性格的に飽き性の一面もあるので、

デザインに飽きたらどうしようと先行して思うので、

今のところは、本物は入れない予定で、

シールを貼ったり、マジックで書くくらいで、

表面的に、ほんのりと楽しむくらいでしょうね。

 

それでも、イギリスの港町にいそうなおじいちゃんの、

年季が入って、少し褪せて色落ちしているようなのは、

人生の渋み、哀愁が感じられて、少し憧れます。

 

あとは、皮膚の下に刻み込むものなので、

その痛さに耐えられるかどうかですね☆

 

 

*シェアはこちらから*