それは、決して隠しているわけではないけれど、

心の中で、大切にしていることがあります。

 

言えるかどうか、言ってわかってもらえるかどうかの、

自分なりの線引きがあって、それが心を開いている、

打ち解ける/打ち解けようとする意思があるのか、

相手との距離感を推し量る判断材料のひとつとして、

ひっそり持ち合わせているのはあります。

 

別段、このあたりのことを言わないからといって、

普段のことに、に大きく支障が出るわけでもありませんが、

本質的に、自分をわかってもらったり、

自分が相手を信じきれたりするかどうかの、

何か試金石のようにもなっています。

 

このあたりを述べていると、

何だか、一筋縄でないとか、素直でないのかとか、

へそ曲がり、天邪鬼(あまのじゃく)などとも言えますが、

そういう、どうにも制御しきれないないもの、

そこにこそ、その人の真ん中ともいうべき、

本質が見え隠れしているように思います。

 

そういうのって、誰にでもひとつふたつとあるはずで、

普段の生活においては、あえて出すようなこともなく、

逆にまた、なかなかうかがえないものかなと思います。

 

そういうのをお互いに開示して、お互いに認め合う、

それでこそ、お互いが欠かせない存在となるような気がして、

生涯にわたって、唯一無二の存在となっていくのでしょう。

 

この世に生を受け、多くの人との関わりの中で生きていくに、

きっとこういう存在を求めていくことが、大きな営みのひとつで、

そのために、出会いと別れを繰り返しているのかなと考えれば、

早く出会えることや、多く出会えることも重要でしょうが、

最終的に、ひとりでもそんな人に出会えるということは、

何と幸運で、何と嬉しいことなのだと思います。

 

そのためには、自分の思いを強く持って、

自分とは何かを絶えず追求するような姿勢や心構えが大切で、

その過程を、自分で経ているからこそ、

誰かを知る時に、それをあてはめていくことができるし、

自分にとって、そういう存在なのか気がつくのはあるでしょう。

 

人それなりに生きていると、強くもあり弱くもあり、

いろいろな感情の浮き沈みに直面することもあるでしょうが、

その歩んできた道のりが、いつか花開くことを願って、

この道を一歩、一歩と進んでいくのが大切なことですね☆

 

 

*シェアはこちらから*