本来的に、人というものはより良く生きたいもので、

最初から、消極的にいることは少ないように思います。

 

それでも、いつも順風満帆なんてこともないので、

試練や難題を乗り越えつつ、次第に駆け上がるというものでしょう。

 

不可抗力によって、望まない事態に放り込まれることもありますが、

多くの場合、普段の、自分の気の持ちようによって、

そういう事態を招いているということもあるかもしれません。

 

面白くないな、楽しくないなと思えば、

そういうことしか目に映らないし、

身の回りが、それで張り巡らされれば、

より一層、そういう風になっていくはずです。

 

それに、どんよりとしているような人自体、

魅力的かと問われれば、きっとそうではないので、

似たような人しか周りに寄ってこないでしょう。

 

ならば、どうしていくのが最善かと考えれば、

まずは自分が心身充実するということが大切で、

そして、具体的にはどうしていくかを考えれば良いわけです。

 

ちょっと最近、暴飲暴食気味であれば控えめにする、

あまり運動をしていない=汗をかいていないなと思えば、

歩く、走る、体操する、スポーツするなどして、

体調や体質を向上していくだけのことです。

 

身が引き締まったり軽くなったりすれば、

それに連動するようにして、心も軽くなって、

それを続けていけば、良い状態になっていきます。

 

あとは、単純なことで言えばよく笑い、よく話す、

快活な人って、表情も会話も豊かだなと思うので、

それもひとつ心がけていきたいところです。

 

もうひとつ思うのは、日頃社会的な役割によって、

感情を抑え、控えめになっている人が、

意外と多いのかなということです。

 

真っ当にいるということと相反するものでなく、

素直な感情を出せるのは、ひとつ特技なのかもしれません。

 

悪ふざけというところまでいったり、

誰かに迷惑をかけたりするのは避けたいですが、

クスリと笑ってしまう、思わずニヤリとするくらいの、

良い感じでのユーモアみたいなのは、

むしろ、円滑にコトが進む秘訣のように思います。

 

どれだけ自分を出していけるのか、時にファニー、

一日のうちに、どれだけの人を笑顔にできるのか、

それを思って、過ごすのも良いかと思います☆

 

 

*シェアはこちらから*