時に、アイディアの源泉という場合、

それは社会を変えたり、時代を変えるものであったり、

ひとつひとつの書類やデザインを考えるようなものであったり、

言葉ひとつにとっても、意味合いは広範にわたることでしょう。

 

多かれ少なかれ、世を騒がすようなインパクトを与えたい、

画期的なことを思いつき、自らもそういう存在でありたいだなんて、

誰しも夢想することはきっとあると思います。

 

そういう専門的な領域や分野であると、

突き詰めることが、そういうところに手が届きそうですが、

時間や労力を膨大につぎ込んで、果たして通用するのか、

それは、誰も知り得ないし、保証もしかねることです。

 

それは、ある意味で出たとこ勝負というか、

やってみてどうこうという次元の話になるでしょうが、

まずは、強い思いというような"感情"、

そういったものが溢れ出るようにあることが、

何かに通ずる原点のような気がします。

 

それがあって、行動や発言につながっていくものだし、

逆になければ、何もはじまることもないわけです。

 

それに付随して考えれば、どんなアイディアだって、

どんな言葉であっても、絶対に出てくるものと思っていれば、

必ず何かしら出てくるものだし、事実出てきます。

 

きっと、そう思うかどうかの差は、

思っている以上に威力はあるだろうから、

そこを諦めるということは、

はなから選択肢に並ぶわけはないはずです。

 

あとは、千本ノックのように絶えず出すことを続ければ、

より洗練され、より高度になっていくような気がします。

 

努力と聞けば、泥臭いようにも思いますが、

その泥臭さがあって、光り輝くものも出てくるので、

軽く見過ごすことはできないなと思います。

 

自分自身の底力ということにも通じるでしょうが、

可能性を信じてこそ、新たに見出せるものもあるでしょうから、

そこに期待を大きくかけて、日々取り組んでいきたいものです☆

 

 

*シェアはこちらから*