今年も、いよいよ梅雨入りということになって、

雨の多く降るようになるのだなと、

傘をカバンに忍ばせながら、空を見上げるものです。

 

この季節が来て思うのは、紫陽花の存在で、

その咲く様子を見ることができるだけでも、

湿度の高い雨降りの日々も、ほんのり心が和みます。

 

余談ではありますが、春の芽吹きから続いて、

梅雨の紫陽花、夏の向日葵、秋の紅葉と、

象徴的な草木、花々が、これより続いて登場します。

 

歳を重ねるごとに、道端に咲く花、

季節ごとに現れる花々を見ることが増え、

少しずつ時間の経過する様子を楽しんでいます。

 

母が花を愛でる人だから、その影響なのでしょう、

できるだけ見た目に加え、名前も香りも知るようにしています。

 

なかなかに生きるだけでも精一杯の日々にあって、

季節ごとの移ろいを感じながら、今の奮起につながるように、

また、いっときの安らぎを求めるようにして、

空を見上げ、周囲を見渡すだけのゆとりは持ち合わせていたいものです。

 

さて、雨ということに引き戻せば、

雨が降れば濡れることもあるし、

湿度が高いのも、結構心身に影響があるものです。

 

それでも、あえて良いところを見出すとすれば、

肌が潤うということはあって、それを大いに評価すれば、

すべてを忌避するようなものではないなと思うわけです。

 

また、水を多く湛えることで、生活にも恩恵をもたらしますし、

自然においても、力強く生育することにもつながることでしょう。

 

そんな雨降りの日々、お気に入りの傘を見つけて使うも良し、

予期せぬ雨に降られるような時でさえ、

雨宿りや相合傘をして、見知らぬ&すれ違いだけの人とも、

一時の交流を持つことだってあるはずです。

 

夏の、暑い季節の前のひとしきり、今は今で楽しみつつ、

心は晴れやかにいくのも乙なものかもしれません☆

 

 

*シェアはこちらから*