どこへ向かう、どこへ行く。

 

行き先不如意では、どこにもたどり着かず。

 

今では、通信や交通の発達によって、

地球上の多くの場所にアクセスすることができます。

 

世界が身近になったというのもありますが、

自分がどこにいて何をするのかという自由の幅も、

格段に広がっているというのは否めないところです。

 

それはきっと、選択の幅も広がっているということで、

何をどうしようが、おそらくは自分任せということになります。

 

たとえば、東京に生まれたからといって、

生涯をずっと東京にいなければいけないわけではないし、

日本でもその他の国や地域でも同様のことが言えます。

 

出自は自分で選べない、選びにくいものだとしても、

成長を経るにつれて、勉強や仕事を選ぶには、

何をということだけでなく、どこでというのも、

今後は一層、大きな割合を占めることになるでしょう。

 

自分が行きたいところに行くのが前提として、

それに加え、必要とされたり、活躍できたりする、

また個別の要因というのも加味していくと、

視野や選択の幅が広がるように思います。

 

そのように考えると、世界を股にかけて動き回れば、

個人が集まり、経済や社会も良く回っていくかもしれません。

 

意欲に溢れ、好奇心も旺盛という人がいれば、

まさに水を得た魚のように、ぐいぐい進んでいくでしょうが、

逆に、どれくらいの割合かはわからないものの、

どこへどう進めば良いのか、迷ってしまっている人、

こちらの方の人の方が、実は多いのかもしれません。

 

今の世の中、情報はおびただしいほどにあって、

どれもがそれなりに正しく見えてしまえば、

自分にとっては、果たして何が最適なのか、

それを照らし合わせることを試みるでしょう。

 

しかし、ある人にとっては妥当であっても、

自分にとってはどうなのかはわからず、

自分の身をもって、飛び込まないことには、

その成否みたいなものはわからないものです。

 

この、「自分の身をもって」ということは、

お金や時間、生活のほとんどすべてをつぎ込んで、

さてどうなるというかという領域なので、

ある意味、情報ばかりに触れてばかりでは、

実際に踏み込むということに戸惑い、

まんじりと二の足を踏んだままでいたり、

元の場所へ引き返したりすることでしょう。

 

勇気なのか覚悟なのか、その呼び名は種々あれど、

もしもこの先、自分自身がどうなりたいかが、

胸の中にふつふつとあるのなら、そこに向かうべきだし、

それがほんのりしかないのだとしても、

今までと異なる領域に進むことで、

新しい何かが、必ずや見出せるはずです。

 

あなたの行き先はどこですか☆

 

 

*シェアはこちらから*