それは、悩みであることが多いのかもしれませんが、

思うに任せて、いろいろ吐き出してみようと思っても、

意外と、抱えているものは少ないのかと思う時があります。

 

逆にまた、自分から袋小路に入り込んでいくように、

シンプルなところから複雑なところまで行くこともあります。

 

理知的にいくのか、本能的にいくのか、

意識しているところと、その時のコンディション、

体調や精神状態によって、出方が異なるのが、

まことにもって、不思議だなと思います。

 

頭で考えるも良し、もっと直感的にでも良し、

それこそ、それをどういう言葉で表すにしても、

いつも正解ばかりを探すわけでもないし、

その時々で妥当なものを照らし合わせて、

見出していくというのが、適当であるように思います。

 

何かコトにあたるから悩み、悩むから解決したい、

そうするから次に進めて、また次の課題に出くわす、

その繰り返しが、人を強くするのでしょう。

 

そうした、多くの過程を経ていく中で、

ある意味で、非常に観念的な捉え方にもなるのですが、

どれだけ多角的に捉えることができるのか、

その広がりと奥行きのようなものを増やしていく、

アイディアの引き出しを多く持つような感覚かもしれません。

 

頭で考える、心で感じるのいずれにしても、

さまざまな思考と感情と上手に向かい合っていくのが、

何かを推し進めるに、賢明ということなのでしょう☆

 

 

*シェアはこちらから*