そういうわけで、昨日の続き。

 

男と女というところでは、人の歴史と並び、

性愛的なところは、奥深いのもありますが、

尽きぬ興味と関心があるので、今は割愛します。

 

単純に、生物的に言えば、胚の段階では、

最初は誰もが女性の状態というか、未分化であって、

しかるべく時期が来れば、そこから分かれていきます。

 

ここで、心と体の性差が出てくるわけですが、

時に、心と体が必ずしも一致しないことがあるのは、

両者が密接に連動しているのではないということが、

ひとつの理由として挙げられます。

 

いよいよ専門的な領域に突入かと思いきや、

私自身は門外漢であるため、ここで終わっておきます。

 

それにしても、基本的に男と女は惹かれ合うものとして、

子孫を残していくためにも、ペアとなっていきます。

 

それにおいてだけでもなく、仕事や生活において、

ある意味では、自分のこと以上に大切に思える存在、

親友なのか、ソウルメイトなのか、相方なのか、

呼び方はそれぞれでも、そうやって出会うこと自体、

非常に稀有で貴重なことだなと、強く思います。

 

相手がいて自分がいる、自分がいるから相手がいる、

そういう合わせ鏡のように向かい合って、

力を合わせたり、補い合ったりしながら、

より良くなっていくように、充実していけたら良いですね。

 

今、綴りながら思ったのですが、

「〜合う」、「〜合い」は、

お互いを大切に思う「愛」につながるのかなと、

ふと思ったので、書き留めておこうと思います。

 

同性とか、異性だとかにとらわれずに、

そうやって、出会いを楽しむというのも、

人生の醍醐味と言えそうで、求めていきたいものです☆

 

 

*シェアはこちらから*