私自身、"人として"という意識が結構強いのか、

まずはその人ありきというのを大切にしたいと考えています。

 

それはつまり、男だから、女だからみたいな、

そういう分け方を、あまり好まないということです。

 

生物学的には先天的、社会的には後天的で性差は必ずあるものだし、

それに基づく、思考の仕方、感情の持ち方には差異はありますが、

どちらかというと、そういうのを全部ひっくるめて、

個人としてどうなのかに、焦点を当てているというのはあるでしょう。

 

それに、男か女かみたいなところで線引きすると、

相対する二元論での議論になってしまうようで、

それよりも、地球上の約70億人の個性と捉えた方が、

ものすごくロマンが溢れるような気がします。

 

それに、自分自身のことすら、よくわからないものだし、

それを成長の余地と呼ぶのか、単に未知の部分が多いのか、

きっと、まだ知らぬ可能性もあることだろうし、

決めつけるというのも、視野を狭めるだけでしょう。

 

生きているうちで、食べたり飲んだり、

いろいろ営んでいくことが、大半ではありますが、

自分も人、多くの人がひしめく世の中にあって、

つまるところは、「人間理解」ができるかどうかが、

究極の目的となるような気がします。

 

それができれば、自分のことも十分に知り得るし、

関わる人たちのことも深く理解できるでしょうから、

人間関係において、"悩む"ということはなくなるでしょう。

 

ここでまた、最初の議論に戻りますが、

平たく言えば、誰もが母=女性から産まれてくるのであって、

たとえ、骨格や筋力で、男性が女性より秀でているのだとしても、

根源的には、女性にはかなわないという思いはあります。

 

そのあたりは、また明日にでも☆

 

 

*シェアはこちらから*