笑顔、私自身うまく笑えているのかわかりませんが、

健康にも、美容にも良いということが言われています。

 

普段は、考えことをしながら、目の前の作業に集中していると、

どうしても、眉間にシワが寄ってしまうように、

顔の中心に、力みも意識も寄るようにも思います。

 

そういう時に、笑みがこぼれているというのは、

よほど楽しい気分になって、乗っているか、

単に、ニヤニヤしているだけなのか判別しにくいところです。

 

パソコンや書類に向かうもそうだし、

電車に乗ると如実に感じることでもあって、

多くの人は、険しい顔でいることが多いでしょう。

 

街行く人で手元ばかり見て下向く人も、相当に多いですし、

さらには、どんよりした雰囲気の人すら多いものです。

 

本来的に、顔にも表情筋という筋肉があって、

使わないと、どうしても動きがぎこちなくなるし、

それが極まれば、衰えもするかもしれません。

 

口角を上げる、単純にそのことだけでも、

数十秒もすれば、プルプル〜とつらくなってきて、

それだけ、普段使っていなかったり、

表情に乏しい時間を過ごしてしたりすることに気がつきます。

 

重力にさからって、肌のハリにも良いということもあるし、

気持ちの上下にも、作用してくるもののように思います。

 

おそらく、表情豊かであるということは、

感情も豊かであることの表れでもあるし、

それが快活な気持ちでいっぱいならば、

生活や人生を謳歌しているとも言えるでしょう。

 

そういう人の笑顔は、見ていて気持ち良いものだし、

目にも同じように、力があるのを見て取れます。

 

どうしても感情を押し殺して過ごしがちな、

無機質な日々では、眼に映る景色も曇りがち、

どれだけ明るく鮮やかにしていけるのか、

まずは目を見開き、口角を上げるところからですね☆

 

 

*シェアはこちらから*