少しでも人として魅力的であろうとして、

少しでも内面も外見も磨こうとしていて、

それは果たして、それはどんな人があてはまるのだろう、

実際には、どういう人がそうなのだろうと思いを巡らします。

 

単純に、突出した能力・才能があるだけでも、

人目を引いてやまない顔立ちの良さや、

スタイルの良さだけに留まるものではありません。

 

多くの場合は、上記のどれかがあるだけでも、

きっと周囲は大きくもてはやしたり、

羨望の眼差しを送ったりすることでしょう。

 

「才色兼備」なんて言葉もあるように、

二つ以上あれば、それは一層強まります。

 

もちろん、それは自分で持っていれば、強力な特徴であり、

仕事や生活において、実際的な強みでもあるでしょう。

 

多くの人は、そういったものを手に入れたい、

しかし、そのほとんどが手に入らないという、

この世の、ある意味では残酷な一面があります。

 

目指すものの大きさと、そこに至る道のりの遠さと、

時間や費やす労力との引き換えにあるのであって、

決して容易でないのは、明らかにわかるところです。

 

それよりも、今日の今からできるようなこと、

たとえば、メールや連絡の反応・返事は早くすること、

周囲の人に、快い挨拶ができることなど、

簡単だけれど、おろそかにしがちな諸々のこと、

こういうことを、日々きっちりやるだけでも、

やがては、大きな差になっていくような気がします。

 

できているつもりでも、厳密にはできていないものだし、

できていても、さらにできるようにしていくこと、

こういう心がけも忘れてはならないところです。

 

きっと、自分自身がしていることで、

相手にそう思わせてしまっているところもあるだろうし、

自分が、そういうことで、相手からされて感じること、

こちらのリアルさは、まさに実感を伴って気になるものです。

 

なるほど、相手がしたことで、自分はこう感じるのだから、

似たようなところでは、まさにここに気をつけようと、

具体的に想定ができるというのが、ありがたいところです。

 

最初から無謀なところにいくのではなく、

できることを誠実にこなしていくのが、第一歩であって、

最初から絶賛・賞賛されたいということはないのだから、

不快にさせない、多くを指摘されないというところから、

気持ちを置き換えて、より良く営んでいきたいものですね☆

 

 

*シェアはこちらから*