日々、懸命に生きていると、それは地続きのようで、

あがいている、もっと良くなりたい気持ちがあって、

そこには、どこか"慣れ"が生じていることでしょう。

 

何もかもが目新しく、何もかもが初めてというのはなく、

どうしても、知っている範囲やできる範囲で、

日々の活動の内容も範囲も完結してしまいがちで、

良い循環になっていれば、それを維持・発展するだけですが、

単純に同じところを行ったり来たりしているようでは、

前進も上昇も、何もないということになります。

 

誰しも、それに甘んじているということはないでしょうが、

単調になりがちな場合には、手を施すことが必要になります。

 

ふと立ち止まって考え直す時間を設けるとか、

いつもとは少し異なるようなことをしてみる、

ご馳走を食べる、お洒落をしてみるみたいに、

特別な体験をしてみるのも、そのひとつでしょう。

 

大きく変えたいならば、大きく飛躍してみるも良くて、

滝に打たれるような修行ばかりが最善ではありませんが、

時に、行動や感覚を伴って新たな刺激を取り入れる、

そういったことをするのも効果的かもしれません。

 

哲学的に言えば「万物は流転する」わけで、

時間は過ぎる、年齢も重ねていくのならば、

経験としても、魅力としても増えるに越したことはなし、

ひたすら留まるだけの理由は、きっとないはずです。

 

今日は、ちょうど月末ですが、その日ごとだけでなく、

月や週で、定期的に区切ったり、

四季や二十四節気などで、暦(カレンダー)で区切ったり、

特に、日本においては、それがわかりやすいので、

先人の工夫というのは、かなり妥当である気がします。

 

コツコツと持続する習慣は、もちろん忘れずに、

気持ちは、今を意識しながらいつも新鮮で、

先人に感謝と敬意を表して、常に工夫を楽しみ、

今日という日をまた、駆け抜けるように生きるのです☆

 

 

*シェアはこちらから*