たとえば、次のステージを目指して、上を向いた時、

そこに、登るて手立てとして、糸が垂れ下がってきたら…。

 

チャンスの女神と同様に、そのような機会は極めて稀であり、

しかも、誰もが手にできるほどは用意されていないでしょう。

 

王様でも、チャンピオンでも、頂点に立つ人は、

どの分野においても、一番乗りですべてを手にしており、

または、それを打ち負かすことで手に入れることもあるでしょう。

 

ヒトという、単なる生物的な営みということでなく、

人の歴史は、一番を目指す人たちの、

そのような戦いの積み重ねなのかもしれません。

 

ただ、一番になれなかった大勢の人たちとの差は歴然であり、

名声、評価など、手にするものも雲泥の差となるでしょう。

 

歴史に名を残す、それだけが目的ではありませんが、

後世にまで語り継がれたら、それはかなり名誉なことです。

 

自分が高みに行く、もっとありていに言えば、目立っていく、

ぜひとも、そのような機会を手にしていきたいものです。

 

また、生きていて、得がたい出会いもあって、

そのような「縁」を紡いでいくのも、

人生の醍醐味のひとつだなと思います。

 

何かを引き寄せる、束ねるようにして、

人は出会い、関係を結んでいくことを表すのに、

「糸」のつく漢字や表現が多いように思います。

 

綾を織り成すようにして、人生を織り成すといえば、

いささか耳にキレイに聞こえてしまいますが、

実際は、そうやって人との関係によって、

自分がいたり、誰かと助け合っていたりするのが、

世の常道なのかとも思うわけです。

 

人生の機微であったり、個人の感情の機微であったり、

それぞれを丁寧に手繰り寄せて、織り重ねる、

それがタペストリーのように、ひとつの作品となり、

人それぞれの彩りと味わいが出るでしょうから、

それもまた、作り上げていきたいものです。

 

未完の大器とか、大器晩成とかも期待は高いものですが、

きっちり仕上げて、花開くようになっていきましょう☆

 

 

*シェアはこちらから*