突き抜けるように青い空、天気が良い。

 

新たな季節、新たな出会い。

 

何かを求めてかどうかに関わらず、ふと思い立って、

どこかに足を運びたくなることがあるでしょう。

 

見知らぬ土地、見果てぬ世界、途切れぬ絶景など、

この世の中、知らないことで溢れています。

 

できることなら、いろいろ見て回ることで、

視野や見識が広がっていくことでしょう。

 

ただ、ここで興味深く思うことがあって、

何かしらの制約や状況があって、

必ずしも身軽に行動できないかもしれません。

 

それでも、どこか遠くでなければ、

行ってはならないことはないし、

近くであっても工夫の仕方で、

似たようなことはできると思っています。

 

それを旅と呼ぶのか、冒険なのか呼ぶとして、

たとえば、電車でも、ボックス席に座ってみれば、

あるいは、駅弁を食べてみるようなことをすれば、

それもまた、遠出を体感できるかもしれません。

 

また、脳内で簡単にできる仕掛けとしては、

「日本に初めて来た海外の人の気持ちになる」、

つまりは「そこに訪れるのは最初」と思い込むことです。

 

行き慣れている場所でも、そのように発想を変えることで、

本当に、それだけで目に見える景色が変わるように思います。

 

目につく看板、店頭で広がっているもの、

目に鮮やかに映るようになるでしょう。

 

自分の住んでいる地域や活動している範囲であっても、

たとえばホテルに泊まって、翌朝起きてみれば、

それだけでも、どこかに出かけたように感じるはずです。

 

「旅」、「冒険」というのは、実際的な移動もあるでしょうが、

本質としては、普段通りでない「非日常」に立ち入ること、

つまりはそういうことなのだなと思っています。

 

どんなことでも、普段の行動に変化をもたらしてみると、

視点や発想が変わって、それによってまた新たに浮かぶ、

そうなっていけばより一層加速していくことでしょうし、

そして、それが楽しくなっていくコツなのでしょう☆

 

 

*シェアはこちらから*