幾分、唐突なはじまり方ですが、

歯並びのいびつな人を見かけると、

つい、そこに目が行ってしまいます。

 

あるいは、碁石のように、

ほとんどが白いものがある中に、

ひとつだけ黒いのがあれば、

当然、目立つことになります。

 

そこに整然とある様子は違和感なく、

几帳面さとか、綿密さとか、

これらはないに越したことはないでしょう。

 

隙間があれば、そこを埋めたくなる、

埋まっていなければ、やおら気になるように、

そういった感覚を持ち得るのが、

仕事や生活の態度にも表れるような気がします。

 

予定の組み方であったり、部屋の片付けであったり、

自分の時間は、限りあるものなので、

何を優先していくのかが、ひとつ重要になります。

 

また、個人においては、周囲の人と連携を取って、

円滑に円満に、日々を過ごしていくのは良いけれど、

そこに甘んじて、依存のようになっては良くはないので、

そのあたりは、厳密にやっていきたいですね。

 

どうしても漫然と時間が過ぎていくと、

そういった日頃の心構えを忘れがちになるので、

時に、思い起こして見直すのが良さそうです。

 

また、自分の振る舞いとしては、

目立たないよりかは目立った方が、

周囲からも引き立てられることがあって、

その恩恵の方が多くある気がします。

 

出る杭は打たる傾向にありますが、

出過ぎる杭は打たれない例もあって、

横並びに揃えるのが良いのがあれば、

そうでないのもあるので、

そこの見極めはまた必要かもしれませんね☆

 

 

*シェアはこちらから*