「名は体を表す」と言われるように、

人やモノの名前をどのように呼ぶかで、

与える/受ける印象が異なる気がします。

 

"バラはバラという名前でなくても、

その香りは変わらない"みたいに言われても、

今では、バラと聞いて思い浮かべるイメージ、

嗅いだことのあるあの香りは、

その名称と一体化しているように思います。

 

特に、人に関して、これは名前に限ったことでなく、

知らず知らず思ったようになっていくので、

もちろん、生まれ育ったた環境や状況にも因りますが

仮に、「王様」、「神様」と名乗っていけば、

その名にふさわしい振る舞いや発言を選んでいくでしょう。

 

これは極端な例だとしても、

自分の名前は、自分のものであって、

余人をもって代えがたいもののひとつです。

 

身も蓋もないことを言ってしまえば、

社会的には、個人を識別するための記号かもしれません。

 

ただ、普段の生活において、関わり合う仲においては、

「あなたはあなたである」ということを、

敬意や愛情、その他の感情をもって呼びかけるもので、

だからこそ、自分の名前が呼ばれるということは、

きっと嬉しいことなのだろうと思います。

 

大きな声でとか、大勢の目の前でとか、何度もとか、

名前を呼ぶ/呼ばれるというのは、

それほどない機会かもしれませんが、

自分の普段の心がけ、頑張り、成果によって、

そうなっていくのを目指すのが、健全な姿勢でしょう。

 

余談ではありますが、多くの方々と接していくと、

顔と名前を一致することに腐心するあまり、

自分のこと、名前や存在が後回しになって、

前後不覚のような不思議な気持ちにとらわれることが、

まれではありますが、時たまあります。

 

誰かといる時は、その人を思って呼びかけ、

自分ひとりでいる時には、自分の名前を、

心の中で、そっと呼びかけていきましょう。

 

それがきっと、自分へのエールとなるのだから☆

 

 

*シェアはこちらから*