活動の、元気の源は食べることですが、

いかに良いものにしていくのか、

追求して余りあるものだなと思います。

 

提供されるものが、高いかどうか、

こだわっているかということとは別の、

もっと基本的なところでのもので、

食べ方に関わってくるものです。

 

基本的に、一日に3食というのが、

現代の生活のひとつの基準ですが、

これはどちらかというと文化的なもので、

そのように食べる、食べていくのが、

一日の中で働く、遊ぶのに効率が良いというものです。

 

生物的に言えば、これはまた奥深いもので、

研究や実践によって、いくつもの考え方や実践の仕方があって、

いつも新しいものが出てくるものだし、

また、人によっても体質や生活の様式があるので、

誰にとっても、どれが最善なのかというのは、

いつになっても解き明かされないもののように思います。

 

お腹が空いたら食べるとか、一日の中で16時間以内に収めるとか、

一度の内容や量によって、自分の体調がどうなっていくのか、

ある意味、壮大な実験を常にやっているような気になります。

 

私は、基本的に朝昼晩で少なくとも何か食べたいですし、

できれば、一度はお腹いっぱいになるほど食べたい、

しかし、そうなると頭や身体の動きが鈍くなるから控えたい、

これだけでも、いろいろせめぎあっているのがわかります。

 

あとは、炭水化物、タンパク質、脂肪のバランスもありますし、

ビタミン、ミネラルとの兼ね合いもあるので、

意識するところはいくつもあって、興味は増すばかりです。

 

ただ、そうやって、ああでもないこうでもないと考えられるのは、

もちろん、ある程度の制限はそこにはあるでしょうが、

食べたい時に、食べたいように食べられる状況にあること、

それ自体を思って、だからこそ大切にしたいなと思います。

 

そうなってくると、一回あたりの質を高めるとともに、

一回ずつを大切に、愛おしむように食べていきたいですね☆

 

 

*シェアはこちらから*