忙しい日ばかり続けば、休みが欲しくなり、

休みばかりでは、また働きたくなるもので、

いつも"ないもの"を求めているかもしれません。

 

最近は、「ワークライフバランス」のように、

仕事と休みを適度に織り交ぜていくような考えもありますが、

決して半々が良いというものでもありません。

 

このあたりの塩梅が難しいように思いますが、

それは個人それぞれの状況にもよるだろうし、

時には、やむを得ないこともあるでしょう。

 

日本人は、主な特徴として勤勉さがあって、

今はむしろ長時間労働が、社会的な問題となっています。

 

体調や気持ちを崩し、過労となるほどのものは、

所属する会社や働いている場所にとっても得でないし、

当の本人が命を落としては、何にもなりません。

 

適度に忙しく、その忙しさを許容できるくらいの、

自分にとっての理想はどんな感じなのか、

思いを巡らしながら、今日も取り組んでいきましょう☆

 

 

*シェアはこちらから*