語ったり、綴ったりする言葉が多いほど、

それは、しっかり伝わるのかという話。

 

長くても、繰り返しが多かったり、

脱線していたりすれば、わかりづらいし、

逆に短くても、必要なことが漏れていたら、

それこそ、よくわからないものになります。

 

そのあたりの、過不足のないようにする、

適切な量と配分というのを知り得るためには、

いろいろ試しながら、わかっていくしかないのでしょう。

 

少なくとも、長くても、短くても、

思ったことは、言葉にして出していきたいところ、

反応がないと、その差異がわかりませんからね☆

 

 

*シェアはこちらから*