ひたすらに考えを巡らしていると、

これは堂々巡りなのか?と思うことも、

決してないわけではないことに気がつきます。

 

そういう時、健全な思考が回っているかといえば、

意外とそうでなく、どちらかというと、

何回も、回り道を重ねているうちに、

袋小路に向かっているような感覚なのかもしれません。

 

身体的な動きの面でも、じっとしているのが長いようでは、

きっと、柔軟さも減ってしまうでしょうし、

それがいろいろと滞る遠因ともなっていそうです。

 

腕を大きく回す、頭もぐるりと回し、

何か、開明的なことが思い浮かばないものかと、

期待も大きくふくらむ気持ちなります。

 

血液の循環や流れ、これもまた、

興味の広がる対象のひとつではあります。

 

確か、「ロルフィング」という身体の機能を改善する、

体術というか、施述のひとつのアプローチの仕方が、

筋膜や身体の関節やらの回転によってなされるもので、

人間存在が、頭のつむじに象徴されるように、

回転によって制御・統制ができるものだったはずです。

 

非常に曖昧な記憶・記述で、はなはだしく申し訳ないところで、

詳細はそれぞれに言及していただきたいと思いますが、

回転というのが、切っても切り離せないものである、

その一環としての部分を感じてもらえれば本望です。

 

以前、ズボンを履いて、ベルトを締める時に、

多くの場合では、左からさして、腰を経て、

右に抜けて、仕上げに留めるかと思いますが、

地球の自転(北半球)に合わせてなのか、

時々、逆にやってみるという人がいました。

 

回転とか、円の軌道とかを考えると、

地球は球体、自転・公転で回転しながら、

大きく描いて回っているわけで、

ある意味、宇宙をも含む真理なのかとも思います。

 

円や球に言及するのは、またの機会に譲るとして、

回転ということで、もう少し広げてみると、

回転の持つ力というものは、遠心力もさることながら、

渦の、真ん中に巻き込む力のような、

あくまでも力強い、良い影響をもたらすような力の強さ、

こちらの方を、より積極的に採っていきたいものです。

 

ついでに申し上げるとするならば、

アンモナイトの姿やカタツムリの殻のように、

あの渦巻きは、一種の「永遠」を象徴するもので、

彫刻や芸術の題材となることもあるくらいのものです。

 

また、"運命の車輪"という比喩もあるくらいで、

回転しながら、より良い円が「縁」とつながるように、

さらには、前に進む原動力・推進力となれるように、

ますます回転を増していきたいものです。

 

まずは、自転車にまたがって街に繰り出す、

この頃は機会少なく、全然乗っていないので、

風を受けて走れば、気分はまた健やかにもなるでしょう☆

 

 

*シェアはこちらから*