だいぶ以前に、テレビを見ていてあったのですが、

「うっかり口にして失敗した」ようなテーマの時に、

たとえば、女性と口づけをしようとした男性が、

「本当に、アタシで良いの?」と女性から聞かれて、

「誰でも良いわけないじゃないか」と答えようとして、

しかし、緊張のあまり「誰でも良いよ」と端折ってしまい、

ロマンティックな雰囲気が云々というのがありました。

 

確かに、目の前の「あなた」こそが大切ではあるけれど、

果たしてそれを、盲目的に首肯はできないなとも思いました。

 

その後も、いろいろと見聞きして見識を広げているうちに、

これはかなり示唆に富む事柄であるように、

年齢を重ねるごとに、考えを深めるようになりました。

 

人間の三大欲求とは"食欲"、"睡眠欲"、"性欲"と、

それをいかに満たすかが、いかに生きるかにつながるとも考えられ、

日々、個人それぞれに取り組んでいることでしょう。

 

これらを、直結はしないけれど生存に必要なことで、

言葉を置き換えると、"何でも食べられ"、"どこでも寝られ"、

そして、"誰とでも仲良くなれる"ということになるのではないかと、

妥当かどうかはさておき、密かに考察を進めているわけです。

 

こういう力がある方が、日頃でもそうですし、

いざという時にも生き延びる可能性が高くなるのが、

本能的に備わっているように思います。

 

ただ、特に恋愛だとか結婚ということで取り上げると、

感覚的には、異性の誰とでも仲良くなれる方が、

深い関係になる確率や機会が多くなることが考えられますが、

もっと人間的と言いますか、文化的・社会的には、

日本では一夫一妻制ですから、ひとりを選ぶのが適切です。

 

そういった、大勢と仲良くなれる力と、個人と親密になる力の、

少し方向の異なる能力を同時に涵養しなければいけなくて、

それが、人間的資質の向上にも繋がるように思います。

 

あるいは、「君だけに決まっているじゃないか」ということで、

逆もまたしかり、自分のことも大切に思ってもらえることになるので、

他に代え難い「安心」が得られるようにもなるでしょう。

 

自分自身も、出だしの質問をされた時に、

緊張をすることなく、「君だけだよ」と言えるように、

これまた日頃の訓練を積んでおきたいところです☆

 

 

*シェアはこちらから*