自分の語る言葉が、たとえば日本語として、

時々、それをどのように語っているのかを、

振り返ると良いのではないかという、

そんな、少しばかり込み入った話のひとつです。

 

これはもう比較でしかないのですが、

英語を話す時には、身振り手振りも含めて、

少しばかり大仰に(テンション高く)なるようなもので、

何をどう語っているのかというのか、

気持ちの面であったり、与える影響であったり、

何かしらに関わってくるもののように思います。

 

多くの人にとっては、仕事をしている時に、

社内の人たちと、取引先の人たちとでは、

気持ちの親しみ具合や取り扱う内容によって、

語り方が異なるのを意識してもらえると、

想像をするに容易なのかなと思います。

 

そして、それが家族や友人と語り合う時とでは、

当然のように、使う言葉や語り口が異なるはずなので、

あえて、自覚的になってみることも必要ではないでしょうか。

 

自分自身は、どちらかというと考え込んで話すことが多いので、

時々、思ったことを思うように語る人を見かけると、

その真率な素早さの、その様子に驚くとともに、

ある意味では、迂闊なのではとも思慮してしまうものです。

 

それに関連して言えば、敬語や謙譲語などを用いず、

自分は自分の言葉で語るのだという人もいるかもしれませんが、

これらを堅苦しいものばかりととらえない方が、

適度な距離感を保つことや最初に距離を測ることもできるので、

知らないよりかは知って、用いた方が良いように思います。

 

そして、同じ日本語を語っているとしても、

東西南北、それなりに地域性は分布しますし、

時代を振り返ってみれば、今と昔とでは異なるものです。

 

そこでは、その地域ごとの特性みたいなのもあるし、

気の強さや我慢強さなど、受けている影響もあって、

それによって、自分がそう話しているというようになります。

 

自分なりの言葉遣いをするのだと思ったとしても、

それが、どういう背景や影響があることを思ってみるとか、

あるいは、このような文脈や系統で語りたいのだと思えば、

それを頼りにしてみるのも、まずは良いのかもしれません。

 

自分の語る語り口を、時には点検することによって、

何を語るのかという内容にさえ関わってきますので、

何を理想とするのかを考えておくのも興味深いところです☆

 

 

*シェアはこちらから*