普段どのような服を着ているのか、これは自分が普段どのように考えているのか、それのひとつの表れであるように思います。

ピッチリと髪も整え、スーツをピシッと着ていると気が引き締まるように、また、スウェットにサンダルではどこか気怠いようになるのは、着ている服がそうだからということがありそうです。

自分がそうなりたい理想の姿があるのであれば、少なくともそれを取り入れるところからはじめるのが良いのではないでしょうか。

ロック好きなら黒い格好とか、タイトなジーンズを履くとかしてみるのが良いでしょうし、営業の仕事で活躍したいのならスーツやジャケット姿を取り入れるのが良いでしょう。

そこでは、必ずしも高価なものを着るというよりかは、カタチとして取り入れるのを優先していくと良いように思います。

もちろん着心地やデザインの意匠というところで、上質なものを身につけるのが良いわけですが、傍目には一目見てどうというのはわかりにくいものです。

清潔感は意識するとしても、真っ先には自分の理想とする姿の先取りをすることであって、少なくともその一端はかなえているという状況にしていきたいわけです。

やってみるからわかるということはあって、革ジャンにTシャツ姿で"ロックンロール!"となれば、自分の気持ちも変わるとともに、周りの人の見る目もそれ相応のものになっていきそうです。

だらしない格好をしていれば、同じように、だらしない気持ちになりがちですし、だらしない人として見られることになるでしょう。

これを上手に活用するのであれば、自分がそうなりたいということだけでなく、周囲からどのように見られたいかは、着る服によって与える印象を変えられるということになります。

自分の理想や好みにとらわれずに、もしも周囲から好感を得ることを望むのであれば、白いシャツをパリッと着ているのが"さわやか"ということになります。

今の時期は、寒さをしのぐための格好になりますし、なかなかオシャレに着込むということもできにくい気もしますが、それでもできることから取り入れていくと良いかもしれません。

着る服を変える、周囲の見る目が変わる、そうすれば自然と自分の気持ちも変わっていくことでしょうから、そこから生じる結果や成果のようなものも変わっていくことでしょう。

ものは試しとして、ひとつ楽しんでみるのも良いなと思う今日この頃です☆

 

*シェアはこちらから*