日頃、お酒を飲む習慣はありますか?

 

自分自身は、毎日飲むような習慣はなくて、

どちらかというと、友人たちと飲む機会があれば、

その時に楽しむようなことが多いです。

 

おそらく、お酒そのものを楽しむのもありますが、

誰とどういう時間を過ごすのかということに、

重きを置いているのかもしれません。

 

そういう時には、普段は少し真面目に接しているような人でも、

お酒が入れば打ち解けやすくなることもあるでしょう。

 

いざとなれば、コーヒーだけでも盛り上がるわけで、

必ずしもお酒が入るからではありませんが、

会話が弾むのに一役買っているのはあると思います。

 

そうして、お酒を介在しながら交流を図り、

最終的にはどうしていくのか、これがなければ、

単純に、二日酔いと多少の出費があるだけになってしまいます。

 

たとえば、仕事が円滑に進むとか、次の予定が埋まるとか、

何かしら今後に良いことが起こりそうなことを期待しながら、

しかし、実際にはもっと肝心なところもある気がします。

 

お酒が入って楽しい気持ちになりつつ、口も滑らかになれば、

普段は言わないようなこと=本音が見え隠れしてきて、

その人の大切にしている考えや、これまで経てきたことなど、

改めて知る良い機会となる方が良いと思うからかもしれません。

 

個人としての、深いところでの結びつきも生じるでしょうし、

それが大人数での場であれば、共同体的なところでも結びつく、

そういうものの強さは、団結力の強さとなって、

とても良い雰囲気を醸し出し、活気も溢れてくることでしょう。

 

士気の高い、まさに意気軒昂な様子は、

仕事やプロジェクトなど何事にも向かっていけるでしょうし、

実際が伴えば、またそういう人が集まってもきそうです。

 

それがあるのなら、お酒を酌み交わすのも良いなと思います。

 

それでも最近思うのは、自分自身が多様でありたいのとは別向きの、

結局、胸の奥底で大切にしているようなことは、

お酒が入ろうが、相手が誰だろうが言うことはあるのか、

いや、今のしばらくにおいてはないのだろうということです。

 

隠しているというわけではなくて、言わないだけのこと、

他にも話せることは少なからずあるので、そこには及ばないだけのこと、

あるいは、きちんと話せる相手とタイミングを見ているんでしょうね。

 

普段が、それほどまでにやたらめったら話すわけでもないので、

基本は寡黙でも、言いたいことのひとつやふたつはあるのだと、

言葉少なにここに記しておこうと思います☆

 

 

*シェアはこちらから*