ひとくちに、「楽しい気持ち」と言っても、

カラダ全体で思い切りはしゃぐものとして、

わかりやすく表に出てくるものなのか、

自分の中で、弾けるようなものとして、

ある意味で、ひっそりとしているものなのか、

状況や内容によるし、人それぞれでもあることでしょう。

 

気持ちと動きというか、ココロとカラダというか、

別のもののようで、連動しているところもあり、

この関係について思いを巡らしてみるのは、

非常に奥深いものだなと思います。

 

無理にでも笑顔をつくれば、手を挙げれば、

それに伴って、気持ちも上がるし、

逆に、気持ちが沈めば、視線も下がり、

姿勢も前かがみ、うつむき加減になるものです。

 

極端に、精神的に"うつ"のようになれば、

前述の「手を挙げる」のも億劫になるというのを、

以前、そういう状態になった人が話していて、

それは明らかな例だなと感じたことがあります。

 

少なくとも、自分自身が日頃の生活が楽しめるように、

着る服や読む本、聴く音楽などから快活さを得る、

そういう努力と言っては、仰々しくもなりますが、

一定の心がけや工夫はしていきたいところです。

 

あとは、そういう気持ちが、接する人や周囲の人たち、

誰かの目に触れる時に、自ずと伝わるのが好ましい、

なぜなら、そういう前向きな気持ちは忌避するものでない、

総じて、ほとんどの人にとっては、

より良さを目指すのは当然のことなのかなと思います。

 

何はともあれ、楽しい気持ちを追求すること自体、

他人に迷惑をかけない限り、弊害はないわけで、

ふとしたこと、些細なことであっても、

うまく楽しさにつなげていくのが、良いでしょう☆

 

 

*シェアはこちらから*