日本では、書類には印鑑や判子を押すことが大半ですが、

欧米では、署名という名のサインをすることがほとんどです。

 

映画やドラマの、オフィスや病院などでのシーンで、

または、ボクシングの調印式で見るような、

サラサラ〜ッとペンを走らせるあのイメージです。

 

そういうものをみると、名前が果たして読み取れるのか、

非常に乱雑というか、まさしくシャッシャーと書いたようなもので、

文字の体裁をなしていないのでは?と思うこともあります。

 

これは、たとえ字そのものは上手に書けなくても丁寧に書く、

何を書いているのかが、相手がわかることが大切と言われ、

日頃よりできるだけそれを心がけている身としては、

読めること自体に意味があるのではないかと考えてしまいます。

 

あるいは、そういうサインの場合は普段と異なって、

どちらかと勢いとノリ重視というか、

また別種のものかなと想像を働かせるくらいです。

 

たまたま目を通したものに、それの回答となるような記述があって、

そこでは、読み取れるかどうかの「可読性」というより、

誰が書いたかという方が優先されているそうです。

 

そもそもの、発祥の仕方にも理由がありそうで、

何を書くのかと、誰が書くのかの違いのように、

文化的な発想が異なることが背景としてあるかもしれません。

 

また、有名人やスポーツ選手のサインにしても、

これも、誰が書いたかということが大切なことで、

この場合では、もう少しデザイン性をも含む、

「シグネイチャー」という意味でのサインになります。

 

これまでも、何度となくこの意味でのサインをもらったことがあったり、

この人のサインはどう書くのかと見たりすることがあって、

その全部が読めるものでもないなというのはあります。

 

できれば読めるものが良いなと思ったり、

バランスが良いとか、見た目にも楽しいという、

そういう特徴があると良いなと思ったりするものです。

 

あるいは、自分の場合では、どういうものが良いのかなと、

少し考えてみるのも、きっと楽しいことのように思います。

 

サインを書くような場面が訪れるのかは定かではありませんが、

準備しておくに越したことはない気がするので、

密かにペンを走らせてみるのが良いかもしれませんね。

 

どちらかというと華美さよりも流麗さを打ち出すような、

自分の人となりが伝わるようなものを用意しておきたいものです☆

 

 

*シェアはこちらから*