日頃より、どのように意識を傾けるのか、

それによって得るものは、大きく変わっていくことでしょう。

 

簡単に言ってしまうと、「思考は現実となる」とか、

「引き寄せの法則」とかの表現になって、

書店のコーナーには、関連する書籍が多く並んでいるものです。

 

それだけ、必要としている人が多いということもあるでしょうし、

世の中の真理として、これが確かにあるということも、

かなりの蓋然性をもって言えるのだろうと思います。

 

自分自身も、今の現実であるとか、これからの未来を思う時、

できるだけ望ましいようになっていくのが良いわけで、

果たして、その真髄はどのようなものなのか、

しっかりと真ん中に触れて、体得したいとも思うのです。

 

いくつかの書籍や言説にあたることも重要ですが、

日頃の心構えや姿勢として、どう実践していくべきか、

理路や説明を含めながら、わかりやすく把握することも必要で、

それをどうにか表せないかなと思案を続けている今日この頃です。

 

人それぞれ、目標とか夢とか、何かしらはあると思いますが、

関わる領域や分野が、学術、スポーツ、芸能、アートなど異なれば、

目指すところも自ずと変わっていくわけで、

誰もが等しいようになるということではありません。

 

それでも、何かを目指して取り組むということでは、

良くない方に行くよりかは、より良い方に向かうのが好ましく、

その前提での合意は、おそらくなされるような気がします。

 

そして、何かを目指す時には、誰かの意見なのか、体験なのか、

自分自身に置き換えて、参考にする何かがあるはずで、

それがひとつの基準となることでしょう。

 

あるいは、時間の流れにおいてとか、自分自身を貫くことを思えば、

ひとつの大きな軸のようなものがあると良いわけですが、

いつの間にかそれに囚われることになるかもしれません。

 

ただ、それ自体は決しておろそかにすることではなくて、

自分の基本的な考えや性格みたいなのは保ちながら、

その一方では、もっと自分の可能性とか、将来とかに対して、

可塑性のある余地を増やすことを心がけるのが、

過去から今に続く、単なる延長にはならないことになりそうです。

 

過去の経験から判断して、成長の度合いはこれくらいとか、

これまではこういう感じだったから、次もそうだろうということでなくて、

どこか予測不能であるように仕向けることが必要なのでしょう。

 

そのためには、野心を燃やすとか野望を持つとか、

自分の中に「情熱」をどれだけ持っていられるのかと思うわけですが、

これはまた追って知っていこうと思います☆

 

 

*シェアはこちらから*