何か商売をするにしても、何かパフォーマンスをするにしても、まずはそれなりに多い人たちに知ってもらうことが大切ではないでしょうか。

たとえば、自分でつくった歌を自分で歌うとして、路上で歌う、ライブハウスで歌うなど、目の前にいる人たちに向かって歌うことからはじめるとします。

また、CDに録音して売り出すとか、音楽配信サービスに載るようにするとかすれば、離れたところにいる人たちにも届けることができます。

他にも、いろいろと活動を充実するような工夫をしながら、より多くの機会を得るようにしていき、大きな会場でも歌えることがあるかもしれません。

そこでは、自分の歌や歌声を気に入ってくれる人を増やし、そういうファンの人を着実に増やしていくというのが、やる側として望むことであり、嬉しいことのように思います。

そして、ここからが本題なのですが、この視点をひっくり返してみると、いくらか音楽に興味があって、良い歌や、良い歌を歌う人を知りたい場合、どのようにして見つけるとか、出会うとかするのかを考えると良いように思います。

わかりやすいところでは、テレビやラジオで見聞きするところから、または、CDショップの店頭でとか、TwitterやTikTokなどで話題になっているとか、YouTubeのオススメに出てきたなど、機会としてはいくつもあります。

今は、多くの情報が氾濫しているし、次から次へと流れていくために、いかに興味を引きつけるか、または、それをいかに維持し拡大していくかというのは、なかなか困難なことのように思います。

そこから、どれくらいの人がCDを手にしたり、ライブ会場に足を運んでくれるものか、チラシを1,000枚配って2〜3人に効果があるようなことなのかもしれません。

もちろん、この1,000枚配るような努力をする場合に、いかに確率を上げるかの工夫をするとともに、いかに1,000人より多く、10,000人、50,000人と増やしていくのかも大切であるように思います。

そこでは、気に入ってもらうかどうかの前に、ひたすら多くの人にまずは知ってもらうこと、顔と名前が一致しているようなことを目指す必要があります。

せっかく熱意をやっていることだもの、ひとりひとりにしっかり届けるとともに、より多くの人をいかに巻き込めるのか、それによって生ずる熱も決して侮れないように思います☆

 

*シェアはこちらから*