このところ、宇宙規模に思いを馳せていたら、

黒田有彩さんというタレントの方を知りました。

 

黒田さん自身は、中学生の時にNASAを訪れたことから、

宇宙に強い興味を持って進学し、"理系女子"となるわけで、

今では、宇宙の魅力を発信するとともに、

JAXA宇宙飛行士を目指して活動をしている方になります。

 

今まで、こういう方がいることを知らなかったわけで、

にわかに黒田さんに強い興味を覚えるわけですが、

そもそも、自分自身が宇宙に興味を持っていたことから、

このタイミングで、黒田さんにも行き当たったので、

その経緯も、振り返ってみればいくらか興味深いものです。

 

何事も、もしも本質的に何かを考えるようにして、

その機会が多くなればなるほどに、

突き詰めて考えることが当然多くなってきます。

 

究極的にそれを推し進めるならば、

物事のはじまりが宇宙のはじまりであり、

終わりであるとか果てであるとかを思えば、

広大無辺なる宇宙に行き当たるかと思います。

 

この、はじまりと終わりもしかり、

ミクロ(微視的)とマクロ(巨視的)な視点も同じく、

行き着く対象は宇宙になるような気がします。

 

そして、なぜに宇宙にまで思いが至っているかで言えば、

普段では、自分の身の回りの生活が精一杯で、

日本全体とか、世界全体という地球規模ではもちろん、

それ以上の範囲でとらえることは、ほとんどありません。

 

自分自身の存在を軽んじるわけでなく、

地球を越え、太陽系、銀河系を越えていけば、

小さな思い悩みは、たちまち雲散霧消するようなもので、

そういう大きな視座に立っていることが有効であるかと思います。

 

余裕という意味合いでの、気持ちの"ゆとり"も、

宇宙規模に思えば、相当にゆったりともなれるので、

自分自身は、宇宙のほんの一部であるように、

それとなく一体化していくのは、好ましく思います。

 

そうして、空を遥かに越えて、宇宙にまで思いを馳せて、

自分の願いのような、意識の多くをも飛ばしていけば、

同時にまた、大きなものに守られ、導かれるようにも思うことでしょう。

 

「もしも願いがかなうのなら」とか「星に願いを」とか、

そういう思いが、我が胸中に去来するのであれば、

そのひとつは、「いつか黒田有彩さんにお会いできますように」と、

そっと、手を合わせながら、何度も繰り返すことでしょう。

 

そのためにも、自分のできることは何かをわきまえながら、

そのひとつひとつに、しっかり取り組んでいくのが大切です☆

 

 

*シェアはこちらから*