因果なもので、自分の本音をあますことなく伝えようとすると、それが抽象的思弁の"とぐろ"のようなものであるだけに、かえって人を近づけない=遠ざけるということになっています。

あるいは、礼儀やマナーとは別のところでのおためごかしの表面的な対応でいては、何にもつながることのない、板の上をツーっと走る氷のようになぞるだけなので、果たしてそこに誠意はあるのかと思ってしまいます。

基本的に、もしも近く接したいのであれば、早い段階で自分の主義主張、思考や感情の成り立ちのようなことをあますことなく開陳するのが良いと思っています。

時間をかけて手間ばかりをかけて、その末に落胆するようであれば、先にハードルを高く設けておくことで、それは回避することができます。

自分の受けている影響、たどってきた道のり、興味や関心を持ちやすい分野や領域、楽しさや嬉しさを感じる場面や状況など、だいぶお知らせできることはあるでしょう。

お互いに、自分の持っている知識や経験をもってわかろうとする負担は大きいかもしれませんが、むしろ入口が狭い方が、すれ違いや誤解は生じにくいでしょうし、かえって親切なのかもしれないと思うものです。

最近、どうしても解せないことのひとつに、「私はあなたに興味がある、だから私に質問してください」と見受けられる態度があります。

うーん、こちらは別に何がどうであっても構わないし、そんな興味というものは自発的なものであるので、言われて盛り上がるというものではない・・・、そんな思いが去来するものです。

そして、自分に興味を持ってもらいたかったら、自己紹介やら何やら自分のことを語るのではなく、相手に質問をする方がうんと有益なものです。

それはまた、「私はあなたに興味を持っている、だから私のことも興味を持ってね」という暗黙のメッセージにもなっているわけです。

今は自分の中を掘り下げながら、それでも良いなと思う人の知見を得たいだけなので、先にいろいろ人に会えば良いという感覚で過ごしているわけでもないのです。

どうにもならないことで煩わしい思いをするくらいなら、それは無用のものとして突っぱねたいところです。

こういうことを並べててていくと、"薄情である"とか"淡白だ"とかなるかもしれませんが、それ以上に「何も思っていない・思っていたくない」だけなので、どうにか好意的に受け取ってもらいたいなと思います☆

 

*シェアはこちらから*