楽器の調律をするのに用いる音叉では、

周波数ごとに使い分けられているのを知った時、

それほど種類は多いわけではないものの、

特定の周波数では、その周波数でしか反応しないとあって、

目には見えないものの不思議さを感じました。

 

これは、人と人との「気が合う」みたいな、

発している気というか、エネルギーというのか、

そういう目には見えないけれど、

何かしら感じ取るものがあることと同じで、

似た者同士が出会うことに近いのかなと思います。

 

そういう生命の振動のようなものがあるのなら、

引き合うようにして出会った者同士は、

「共鳴」しているとも言えるのではないでしょうか。

 

勝海舟か、坂本龍馬が言ったとされる表現で、

西郷隆盛の人となりを称して、

「大きく打てば大きく響き、

小さく打てば小さく響く釣鐘のようだ」というのがあります。

 

もちろん、自分自身で大きく響くことができるのが、

誰の力を借りない点では、良いのかもしれませんが、

たとえ、自分自身が率先して何かをやったり、

何か意見を言い出したりすることができなくても、

せめて相応の反応はできるようにしておくと、

協力を仰いで物事を進めることができるように思います。

 

そして、相手が強いエネルギー溢れる人であれば、

西郷隆盛もまた、そのような人物として目に映るし、

逆の場合であれば、そうは思えないということになりそうで、

翻って、自分自身のエネルギーの度合いが明らかになってしまいます。

 

西郷隆盛を相手にすることのみならず、

自分自身がどうであるかというのが、

出会う人や、その人たちの反応によって、

鏡に映るようにしてわかることがわかれば、

そこからさらなる成長なり、改善なりをして、

自分の望む方へ進むのが良いことでしょう。

 

もしも、これから出会っていきたいような人の、

特徴や共通点、性格といったことまで明らかにして、

自分もそうであろうと思っていれば、

きっと似た感覚を持つ人を引き付けるように思います。

 

このことを、おそらく簡単に言うのであれば、

むつかしい顔をして、険しい雰囲気を出すのでは、

わざわざ近づこうと思う人はいないでしょうから、

非常にリラックスした状態で、上機嫌でいる方が、

愉快な人と出会っていく確率は上がっていくのは、

結構思い浮かべやすいのではないでしょうか。

 

そうして、人数の多い少ないところではなくて、

ひとりでもそういう人に出会っていきたいものです☆

 

 

*シェアはこちらから*