いつもは、あまり季節や時事を思わせないことが多いですが、

今日ばかりは、少し感傷的な雰囲気も漂わせながら、

言葉をより丁寧に紡いでいくのかなという気がします。

 

巷はハロウィン、こと日本においては収穫祭の意味合いの薄い、

西洋的百鬼夜行(パレード)の側面が強いわけですが、

それ以外にも、今日という日の持つ意味はあるわけです。

 

直接的な関わりはなかったにせよ、画面や誌面を通じて、

自分と同じ年齢の人が、19歳の時にいなくなったこと、

年齢もそうですし、同じ年齢というのが結構衝撃的なものです。

 

今もいれば、三十路の後半にさしかかるような頃で、

自分にとっては、あの人のことを思い出さずにはいられない日、

これを語り尽くせるような十全たる言葉や語彙を、

今でも、確実に持ち合わせているわけではありません。

 

他の人にとって、心に大切に思う人が異なるように、

たとえば、6月13日だって思い出さずにはいられない日でもあります。

 

それでも、長年という歳月を経てきていればそれなりの、

個人的には、昨年にだいぶ落ち着いたなというのがあって、

そういう状況になったことを、ありがたくも思うわけです。

 

長く待った甲斐があったというか、

忘れることなんてできないようなことを、

胸に抱いていて良かったなと思いました。

 

ここ何年かでは特にそうで、

あるいは、信じ続けてきて本当に良かったな、

そういう思いが去来したものです。

 

そう考えると、何がどうであるにしても、

生きていること自体、また次のことや新しいことに対して、

動きをもたらすことができるので、

まさに、生きていてこそという思いを強くするものです。

 

今日がまさにそういうことを思う日であれば、

これまでの長くがそうであったように、

なかなかハロウィンでうつつを抜かすというのが、

どうしてもできないというのがあります。

 

これが、平たく言えば「信条」のようなもので、

今後もきっとそうなのだろうなという気がします。

 

これをわかっている人も、似たような思いの人も、

少なからずいるので、自分もまた忘れないで、

何かしら語り継いで生きたいものですね。

 

忘れられること自体、そんな寂しいことはありませんからね。

 

ハロウィン、それ自体賑わっていることは構わないのですが、

全員が全員、そうではないことを思ってもらえれば嬉しく思います。

 

今日も明日も、"花咲く命ある限り"精一杯生きて生きたいものですね☆

 

 

*シェアはこちらから*