日頃より、人の多く関わることにおいて、

これが大切なのではということに思い至りました。

 

あるいは、元々そういうことが本質的なことがあって、

ようやくたどり着いたということなのかもしれません。

 

人間誰しも、たったひとりでは生きてはいけないもので、

どれくらいの数の多さかは人それぞれになるのでしょうが、

多くの人と関わって、それで日々の生活を送ることができます。

 

そして、おしなべて考えてみると、

関わる人の多さ、出会っている人の多さがあるほどに、

自分の言動や持ち味みたいなものが、

随所で発揮されるようにも思います。

 

もちろん、関わる回数・頻度においてだけでなく、

関わる深さ・度合いも必要なわけで、

そうして関わり合いを重ねていくことによって、

やがてお互いの"人となり"を知ることになります。

 

無理に、顔見知りという知り合いばかりを増やすではなく、

心底知り合うことが、大切なことになっていきます。

 

こればかりは、ある程度の時間がどうしても必要で、

それでこそ、関係を結んでいくことになるのですが、

時間が経つにつれて、意外な面を垣間見たり、

実際はそういう人柄だったのかと気がついたり、

見た目や当初の印象通りにはならないこともあるでしょう。

 

そうして、多く知り合っていくうちに、

自分の知る人同士を引き合わせたり、

自分自身も引き合わせてもらったりして、

人ひとりに深く関わりながら、範囲も広げていくと、

「友人の友人は、また友人となる」ようにして、

単線的でないようにして、交流が活発に行われていきます。

 

新たな出会いがあれば、そのうち新たな仕事が発生したり、

感情の機微によって、惹かれ合う人もいたりするでしょうし、

いくつもの切り口によって、ステキな出会いがあるように思います。

 

これはまた、実際のリアルな交流においてもそうですが、

ヴァーチャルなところでも十分に可能だと今は思っていて、

Facebook、Twitter、InstagramなどのSNS媒体でも、

コメントの交換や記事のシェアや引用をすれば、

それが紹介の別の形になるような気がします。

 

突き詰めてみれば、どれも人と人との関わりなので、

リアルもヴァーチャルも隔たりをつくることなく、

それを深く広く推し進めていくことが大切で、

そして、熱い気持ち、率直な気持ちで取り組むことによって、

自分自身もそうですし、周囲の状況も良くなっていくことでしょう。

 

どんな機会も、どういう姿勢・心構えで取り組むのか、

それによって、導き出される結果が異なるのは、

きっと自明の理なのだということになりそうです☆

 

 

*シェアはこちらから*