今はもう引退してしまいましたが、

ハンマー投げの室伏広治選手の、現役当時の練習の様子が、

テレビで紹介されているのを見たことがあって、

印象に残ったひとつとして、筋肉への刺激を変えるため、

新聞紙を握って、握力を鍛えるというのがありました。

 

通常は、グーパーグーパーと手のひらを開いたり閉じたりして、

あるいは、握るため用の器具を用いたりしてやることが多いですが、

それはある意味、規則的な動きであるため、単調な繰り返しになり、

より実践的であるためには、また別の工夫をする必要があります。

 

人間の動きはもっと複雑であるし、競技においても同様で、

いくつかの身体の部位を連動させていくことが大半なので、

練習の段階から、より実践的な動きをしていくのが、

良いパフォーマンスにつながるという具合になります。

 

筋力トレーニングでも、人を担ぐのもそうですし、

たとえば、ベンチプレスにおいてもプレートだけでなく、

両脇にチェーンを垂れるようにぶら下げて、

その揺れ具合で重さのかかり具合が変わっていくのが、

近年、かなり取り入れられているように思います。

 

外側の筋肉を大きくする、発達させるのも大切ですが、

こういう不規則な動きを取り入れることによって、

内側のも合わせて、強化できるのはあるかもしれません。

 

そのように考えていくと、競技の練習もそうですし、

筋力トレーニングにおいても、時期や時代によって、

有効と考えられる方法や考え方が変わっていくのがあります。

 

最終的な完成形がないということでもありますが、

逆に、それだけ人間の能力開発の部分では、

可能性がまだまだ秘められているということなのでしょう。

 

このあたりの領域を考えるのも面白いものですが、

それはまた別に機会に徐々にやっていくとして、

先の、方法や考え方が変わっていくように、

競技もそうですし、物事のルールも変わっていくものだなと思います。

 

社会や共同体、その他のいろいろで、

大筋で守るべきルールは、大きくは変わらないものですが、

実際、それをルール化して、運用していくことで、

詳細の部分で変えていく必要が、少なからず出てくるものです。

 

そうすると、いつも同じであることはそうそうなく、

一定の振り幅を持って、変わっていくことがわかります。

 

つまり、多くの時間が経てば、ルールは変わっていきますし、

活躍や貢献の多さによっては、影響力を伴って、

自らもルールを変えていくことができるかもしれない。

 

もしも、そういうのをひっくり返せたら、極めて痛快ですね☆

 

 

*シェアはこちらから*